About jinya

この作成者は詳細を入力していません
So far jinya has created 12 blog entries.

リモート体制整備に関するオンラインセミナーを7/19(火)に開催いたします

フルリモートという勤務体制を運営導入している、株式会社スタディスト様と当社(BizMow株式会社)が、リモート体制整備による採用の質・量向上、生産性強化のためのオンラインセミナーを7月19日(火)に開催することとなりました。

リモート体制整備に関するオンラインセミナーを7/19(火)に開催いたします



【セミナー概要】

BizMow株式会社と株式会社スタディスト様は、両社共に全社員がリモートワークで働ける環境下にありながら、スタート時は数名だった従業員数は、現在では100名を超えるようになり、いまなお成長を続けております。
この成長の背景として、優秀な人材を質・量ともに採用できていることがあげられます。
例えば、当社においては、2022年1月から6月までの求人へのエントリー数は約2,000人、採用率は約2%であり、良好な採用環境を構築できていることは、会社の成長にとって大きな原動力になっています。

このような成果を得るまでに、社内ではリモート体制を構築するために様々な施策を実施して参りましたが、本セミナーでは、それらの舞台裏の失敗談や成功のポイントをお伝えいたします。
人材不足や原材料価格の高騰など、企業を取り巻く環境が日々変化しています。そのような中で

・組織の生産性を向上したい
・採用の質・量を改善したい
・リアルな失敗談・改善策が聴きたい
・リモート体制での経営をより強化したい
・どのような施策が必要か悩んでいる

という方には是非参加して頂きたいセミナーです。

■セミナーの詳細はこちらからもご覧頂けます。



【セミナープログラム】

12:50-13:00 受付
13:00-13:05 開会挨拶
13:05-13:30 第一部 BizMow株式会社 講演
13:30-13:50 第二部 株式会社スタディスト 講演
13:50-14:00 質疑応答・アンケート回答



【開催要項】

開催日時:2022年7月19日(火) 13:00~14:00
開催方法:Zoomによるオンラインセミナー
参加費:無料

申し込み用URL:https://biz.teachme.jp/event/220719_bizmow_lp/

「事務職のためのテレワーク教育事業」を熊本県八代市と共催にて開始いたしました

BizMow株式会社(本社:東京世田谷区・代表取締役:木村仁哉)は、地方就労支援の一環として、当社サテライトオフィスのある熊本県八代市と共催の、テレワーク教育事業(八代テレワーカー養成講座「レッツトライ!やっテレワーカー」)を開始いたしました。



■八代テレワーカー養成講座の詳細ページ

https://bizmow.com/yatsushiro-tele-worker/

今回の講座では、18歳~55歳までの八代市民の方を対象に、8月~2023年2月にわたって行います。



■テレワーク教育事業への想い

事務職については、有効求人倍率が0.3倍付近を推移するなど依然として仕事不足が続いており、この傾向は地方部において顕著となっております。
そのような中で、95%の社員が全国より完全なテレワークで業務を行う当社の知見を共有し、具体的に仕事の獲得・納品まで経験していただくことで、地方にいながらにして事務の仕事ができる方法をお伝えしたいと考え、この度、熊本県八代市と共同でテレワーク教育事業を開始いたしました。



■テレワーク教育事業の目的

地方在住の方々が場所に縛られず柔軟に働けるよう、オンラインでの事務・経理サービスを展開する当社の知見を活かし、 テレワークのノウハウおよび具体的に仕事を獲得する方法を指導することで、地方における事務職の雇用環境の拡充に貢献したいと考えています。



■テレワーカー養成講座における取り組み

テレワーク環境下で必要なスキルの他、 実際にオンライン事務のプロとしてサービス提供をしている当社のスタッフを講師に据え、事務スキル、コミュニケーションスキル、またマインド面までしっかり身につくカリキュラムを、対面・オンラインの2つの形式で提供します。
「実践」に焦点を置き、講座受講内で実際に仕事を受託し、報酬を受け取るところまでサポートいたします。

2019年に総務省「テレワーク先駆者百選」企業へ選定され、2020年には厚生労働大臣表彰「輝くテレワーク賞」を受賞した当社の強みを活かし、場所やライフスタイルの変化によって断絶されやすい女性のキャリアアップを支援できる体制を整え、働き手に選ばれる企業を目指し新たな事業へこれからも積極に取り組んでまいります。

「アジア太平洋地域における急成長企業ランキング2022」で293位にランクインしました

BizMow株式会社(本社:東京都世田谷区・代表取締役:木村仁哉)は、英Financial Times(フィナンシャル・タイムズ)紙と独Statista(スタティスタ)社が共同で実施した「High Growth Companies Asia-Pacific 2022(アジア太平洋地域における急成長企業ランキング2022)」において、500社中、293位にランクインしたことをお知らせいたします。



■ High Growth Companies Asia-Pacific 2022とは

日本、オーストラリア、香港、インド、インドネシア、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ベトナムのアジア太平洋の13地域において、2017年から2020年までの売上収益成長率のトップ500社を選出したランキングです。 当社は全体では293位、日本単独でのランキングでは168社中91位にランクインしました。


Asia-Pacific High-Growth Companies 2022(英文)
https://www.ft.com/high-growth-asia-pacific-ranking-2022

これからもBizMow株式会社では、お客様の事務・経理代行を通じて、志ある経営者の方々が挑戦し続けられる環境を提供できるよう、全力でサポートして参ります。
また、場所やライフスタイルの変化によって断絶されやすい女性のキャリアアップを支援できる体制を整え、働き手に選ばれる企業を目指します。

地方創生テレワーク推進運動「Action 宣言」に参加いたしました。

地方創生テレワーク推進運動「Action 宣言」に参加いたしました。

BizMow株式会社(旧:㈱お金の家庭教師、本社:東京都世田谷区、代表取締役:木村仁哉)は、
内閣府・内閣官房が推進する「地方創生テレワーク推進運動」の趣旨に賛同し、
推進運動に参加する為「Action 宣言」を行いました。

■BizMow株式会社 Action宣言掲載ページ

https://www.chisou.go.jp/chitele/sengen/company/72.html

今後も場所やライフスタイルの変化によって断絶されやすい女性のキャリアアップを支援できる体制を整え、
働き手に選ばれる企業を目指します。

~内閣府・内閣官房「地方創生テレワーク」推進事業とは~

都市部から地方への人の流れを加速させるとともに、
地方の人口の流出防止、地方での雇用、新規ビジネスの創出など、多様な形で地方の活性化に貢献します。

「地方創生テレワーク」について企業・団体等からその趣旨に賛同を得て
官民一体で推進する「地方創生テレワーク推進運動」を展開します。

■内閣府・内閣官房「地方創生テレワーク」

HP: https://www.chisou.go.jp/chitele/index.html

「令和3年度 厚生労働省主催テレワークセミナー」に代表の木村が登壇いたします。

「令和3年度 厚生労働省主催テレワークセミナー」に代表の木村が登壇いたします。

 

BizMow株式会社(旧:㈱お金の家庭教師、本社:東京都世田谷区、代表取締役:木村仁哉)は、
令和2年度「輝くテレワーク賞・特別奨励賞」受賞企業として、令和3年度 厚生労働省主催テレワークセミナーに代表の木村が登壇いたします。

本セミナーでは、弊社テレワークへのあゆみをはじめ、テレワーク定着にむけた課題解決のためのマネジメント実践例をご紹介しております。

■厚生労働省主催テレワークセミナー
https://kagayakutelework.jp/seminar/2021/0623.html

開催日 2021年6月23日(水)
時間

13:00~16:00(オンライン接続可能開始時間  12:50)

<引き続き16:00より個別相談会>

定員 200名(先着順)
参加料 無料

~「厚生労働省主催テレワークセミナー」とは~

 

テレワークの活用によって、さまざまな生活スタイルに応じた働き方が可能となるほか、企業の生産性の向上にもつながります。

本セミナーでは、テレワークの導入を検討している、または導入後に課題を抱えている事業経営者の方に向けて
導入に際しての必要な労務管理、テレワークの活用方法、導入企業の事例等を説明します。

「テレワーク推進企業ネットワーク」に参加いたしました。

BizMow株式会社(旧:㈱お金の家庭教師、本社:東京都世田谷区、代表取締役:木村仁哉)は、
令和2年度「輝くテレワーク賞・特別奨励賞」受賞企業として、「テレワーク推進企業ネットワーク」に参加し、企業情報を公開しました。

■テレワーク推進企業ネットワーク
http://twp-forum.com/suishinkigyou_network/

~「テレワーク推進企業ネットワーク」とは~

生産性の向上や人材確保、企業の危機管理の観点等からもテレワークへの関心が高まっており、
「他社のシステムを参考にしたい」「制度を導入したが利用が進まずアドバイスが欲しい」など、
より具体的な手続や対策を知りたいとの声が増えています。

そのような企業の皆様が、情報交換や相談をできる場所が、「テレワーク推進企業ネットワーク」です。

総務省「テレワーク先駆者百選」企業及び厚生労働大臣表彰「輝くテレワーク賞」受賞企業等、テレワーク活用実績のある企業、団体の有志が参加しています。

今後もネットワークの拡大によるテレワークの普及推進に貢献して参ります。

令和2年度「テレワーク推進企業等・厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」において特別奨励賞を受賞しました。

株式会社お金の家庭教師(本社:東京都世田谷区、代表取締役:木村仁哉)は、
厚生労働省が主催する厚生労働大臣表彰「令和2年度 輝くテレワーク賞」の「特別奨励賞」を受賞し、令和2年11月30日に行われた表彰式に出席いたしました。

こちらは、厚生労働省がテレワークの活用によって、労働者のワーク・ライフ・バランスの実現において顕著な成果をあげた企業等を表彰するもので、今年が6回目の開催となります。

今回の受賞は、テレワーク推進と環境構築と行っている点、適正な労務管理を行っている点などが評価いただいたものです。
これからも株式会社お金の家庭教師では、社員が活躍し続けることができる環境と体制を追求し、邁進してまいります。

▼厚生労働省発表(令和2年11月30日)
https://www.mhlw.go.jp/stf/photo/2020/11/ph1130-03.html

新型コロナウィルスに負けない! 株式会社お金の家庭教師は、えんむすび経済活性化プロジェクトを開始いたします。

株式会社お金の家庭教師は、新型コロナウイルスの影響により、
深刻なダメージを受けている日本経済の活性化に向けて、新たな取り組みを開始いたします。

えんむすび経済活性化プロジェクト

【大切な人の希望でありたい】

新型コロナウイルスによる感染者拡大を受け、全国的に緊急事態宣言の発令され自粛生活が続く中、経済への影響の深刻さが増しています。
事態の収束が見えない今だからこそ、国民一人ひとりが経済活動を続ける努力をする必要があります。
当社では、少しでも日本経済の循環が促されることを目的に、えんむすびグループ企業一斉に本プロジェクト始動することと至りました。

[プロジェクト概要]

■名称 
「えんむすび経済活性化プロジェクト」

■ミッション 
大切な人を応援するためのお金の循環をつくり、日本経済を支える。

■取り組み
全国に在籍する70名の全社員を対象に、本取組の参加者を募集、賛同者には会社から臨時賞与を支給いたします。1回あたり5,000円とし、これを3回実施します。(累計15,000円)
決められた期間の間に、支えてあげたいと思う自分の大切な人やお店のために使ってもらい、期限までに使途の概要や感想を会社に報告してもらいます。

賛同者募集 送金予定日 使用期間
第1弾 4月20日~24日 4月30日 4月20日~5月31日
第2弾 6月上旬 6月30日 6月1日~7月31日
第3弾 8月上旬 8月31日 8月1日~9月30日

■えんむすびグループ企業
・株式会社えんむすびホールディングス
・株式会社お金の家庭教師
・株式会社名参謀
・株式会社打ち出の小槌

<善意の連鎖でより大きな循環にご協力ください>
本プロジェクトにご賛同いただける企業を募集いたします。
今後、賛同企業をご紹介するサイトを設置予定です。

テレワーク・デイズに実施団体として参加いたしました

総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都および関係団体と連携し、
2017年より、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、
働き方改革の国民運動を展開しています。

この度、BizMowもこちらの運動を盛り上げるべく、実施団体として参加いたしました。

https://teleworkdays.jp/search_2019/trial/detail/?id=1575

Go to Top