jinya

/jinya

About jinya

This author has not yet filled in any details.
So far jinya has created 6 blog entries.

社員インタビューvol.6 宮原さん

これから入社を希望される方々に、ぜひ弊社のことをもっともっと知ってもらいたい!そういった気持ちから、社員にこれからいろいろなことを答えてもらうことにしました。6回目は2017年9月に入社し、大規模なクライアントと社員を繋ぐ役割を担う宮原さんです。

「仕事の枠を超えたチームワーク・・・まるで家族のように」

Q1、現在のお仕事内容は?

一言でいうと「交通整理」です。
医療従事者や一般の方への治療法のセミナーなどを開催している会社を担当していまして、セミナーの数がとても多いことから、社員のおよそ半数がこちらの会社の業務を担っています。メール対応チームや決済チームなど複数のチームに分かれている中で、クライアントからBizMowに降りてくるご依頼や案件を適材適所のチームに振り分ける「交通整理」が私の仕事になります。

Q2、大変なところは?

チームが5つに分かれていますので、それぞれのチームがどんな仕事をしているのか把握するのにまず苦労しました。
業務のつながりを理解して、誰が何をしているのかというところを自分の中で把握しないと案件を適所に振ることができませんから。またクライアントの考えや、依頼の方向性がすぐに理解出来ないときもあります。もちろん自分自身の知識不足ということもありますし、スムーズな業務を進めていくための交通整理にいまだ悩むときは多いです。

Q3、チームの雰囲気は?

チームの見事な連携は、目を見張ることが多いです!
先のことを読み、目の前にある課題をクリアするために知恵を出し合えるメンバーがよくこんなに揃ったものだな、と思うぐらい優秀な社員ばかりです。20人近くいるのですが、ほとんどの方と会ったことはないのですよね。基本、チャットワークばかりなので。でも、スレッドは学園祭のようなノリの雰囲気の時もあれば、急に真面目な言葉が埋め尽くされるものに変身したりですとか…もう、家族のような、遠い場所にいる親戚のお姉ちゃん、、みたいなそんな雰囲気が出来ている感じがします。

Q4、仕事で必要なスキルは?

やはり、一番必要なのは「想像力」だと思います。
在宅で顔がお互いに見えないわけですから、ご依頼された案件に対し、この裏にはどういう目的があるのだろうと考えられる想像力があるとその後の仕事にも繋がるのではないでしょうか。目的を予想し、こういう仕事をしたら喜ばれるのではないかという部分まで持っていけることって大切だと思いますね。

「子供も、フリーライターも。BizMowで全てを叶えた」

Q5、BizMowを選んだ理由

離婚をし、シングルマザーになりました。
もともと、娘(小1)が生まれてからすぐに在宅のフリーライターの仕事はしていたのですが、収入が不安定だったので、生活の基盤となる仕事が必要でした。でも外に働きに出たら、好きなフリーライターを諦めないといけない可能性がありましたし、娘との時間が犠牲になってしまうことも考えられました。両方を諦めたくない、そんな私の希望を叶えてくれたのがBizMowだったんです。

Q6、フリーライターになったきっかけ、そして魅力は?

お酒、特にウイスキーが好きでイギリスのスコットランドで1ヶ月バックパッカーをした経験があります。
その時に蒸留所ツアーをして、モノづくりの現場の人たちと接するってすごく楽しいと思ったことがきっかけです。モノづくりの現場に行って、そこに情熱をかけてる方の話を聞くことが大好きなんですよ。これを誰かに伝えたいけどうまく伝わらないという方の代筆をするために取材して記事を作ることはワクワクします。今は、BizMowの仕事とライターの仕事、それぞれがいい息抜きになっていますね。

「ライフスタイルの変化ー自分らしく生きることを諦めない!」

Q8、そんなに多くのことを頑張れる、宮原さんの源泉って何でしょう?

お母さんになったからあれを諦めなさい、これを諦めなさい、っていう風潮まだあるじゃないですか。
それがすごく自分の中でモヤモヤしていて…自分が好きなお酒に携わる活動をしたいと考えていたんです。元々、好きになったらとことん勉強してしまう性格なので、ビアソムリエの資格もとったんですよ。そしたら、自分の地元の町おこしをしているグループとタッグを組むことになり、ビールセミナーを開いてみようかって。すでに何度か開催しました。他にも取材先で出会ったメンバーともお母さんたちに楽しんでもらえそうなお酒の企画を考えていて、どんどん開催していく予定です!

Q9、そんな頑張るお母さんを見てお子さん(小1)の反応は?

週末にお酒のイベントのお手伝いなどで他県へ行くこともあるのですが、そういう時は子供も連れて行っちゃいます!
こういう世界もあるんだよ、っていろいろ見せてあげたい気持ちがあるんですよ。一緒に楽しむ時間も作ってちょっとしたプチ旅行みたいなものに仕立て上げて、巻き込めるところはどんどん子供も巻き込んじゃっています。そういうずっと私が仕事をしている姿を見ているので、「無理したらあかんよ」とか心配もしてくれますし、頭が痛いと言えば、薬と水を用意して、私の口の中に入れてくれる頼もしい娘に育ってますね。

Q10、1日のスケジュール

7:00 起床・朝のしたく
8:00 子どもを送り出し、家事 or フリーランスの仕事
9:00 BizMow始業
12:00 ランチタイム(家事も一緒に)
13:00 お昼の業務開始
15:00頃 子ども帰宅(宿題・読書1冊、おやつ、TV)
16:00 BizMow終業
17:00 子どもとだらだら
19:00 夕食
22:00 寝かしつけ
*なにもない場合はその後ビールを飲む
*フリーの仕事があるときは深夜2:00か3:00頃まで仕事、就寝

Q11、BizMowへの入社を希望する皆さんへ

ライフスタイルが変化することで、好きなことを切り離さざるを得ない女性は多いと思います。
共働きとはいえ、子供が生まれたらフルタイムは難しいよね、とか。普段の送り迎えもそうですが、子供が熱を出したら迎えに行くのはやっぱりお母さんだよね、とか。ライフスタイルの変化があっても諦めない生き方は、BizMowだと可能です。世の中のお母さんに、自分らしく生きることを諦めないで、って私は伝えたいです。

社員インタビューvol.5 嶋崎さん

これから入社を希望される方々に、ぜひ弊社のことをもっともっと知ってもらいたい!そういった気持ちから、社員にこれからいろいろなことを答えてもらうことにしました。5回目は2016年2月に入社し、経理部門から会社を支えている嶋崎さんです。

 

「夫が兵庫に転勤に…社長の一言”会社の強みが活かせますね”」

 

Q1、仕事が訪問経理から在宅経理に変わったのですね。

今年の6月に神奈川県から兵庫県に引っ越しました。
理由は、夫の転勤です。社長に「実は転勤なんです」と報告をした際に、「うちの会社の強みが活かせますね」と一言おっしゃっていただいて。そのまま、在宅勤務に切り替えて仕事をしています。

 

Q2、訪問経理はどんなお仕事だったのですか?

直接自宅からお客様の会社に行きます。
経理の基本の流れは、伝票入力をし、月次報告書の作成をして、先方の社長に月次報告をするというものです。その業務の量は波があるので、週に2回の時もあるし、2社受け持っていたので週に4回の日もありました。お客様の会社に自分の席があり、そちらの会社のパソコンを使って仕事をする形です。

 

Q3、在宅経理は少し違いますか?

訪問経理の場合は月の初旬と下旬が忙しいのですが、在宅経理の場合は少し時期がずれて、10日前後にお客様が請求書や領収書などの証憑を揃えてくださるので、月の中旬が割と忙しいですね。そして25日までに月次報告書を作るようにしています。ですので、初旬と下旬は付随資料の作成にあたるなどの仕事になります。

 

Q4、年度末はやはり相当忙しいのでしょうね。

年度末は忙しいですね。でもうちの会社は業務フローがしっかりとしていて、月次報告がしっかりと出来ているので、年度末に集約するだけなんです。申告をしてくださる税理士の方とのやり取りや年に一度入れないといけない仕訳などはあるのですが、マニュアル化してくださっているので、在宅でも仕事はしやすいと思います。

 

「経理+財務+経営企画=”BizMowの経理部門”」

 

Q5、経理経験が豊富な嶋崎さんですが、BizMowの経理業務で驚いたことはありますか?

うちの会社の経理部門は、一般的な経理だけでなく、財務部門と経営企画部門が合わさった感じの業務なんです。今あるお金をどう動かすかというのを考える財務業務+これから会社をどうしていこうかという経営企画業務も全部セットになっているんですね。
もちろん最終的には、経営者の方々が判断されることではあるのですが、それぞれの経営者の方々がお持ちのビジョンをお手伝いする感じです。うちの会社の強みなのでしょうが、いろいろ提案して経営者の方と一緒に歩いている部分には驚きました。

 

Q6、BizMowの経理から嶋崎さんが学べる部分は大きかったですか?

経理って、過去の数字をとりまとめるものだと思っていました。ですが、未来につながるもの、だったんですよね。数字からは経営者の方々が抱えているものや構想などが見えてくるんです。経理の人間として、目の前の数字を集計するのだけではなくて広い視野で見ることの大切さを教えていただきました。

 

Q7、BizMowの経理に向いているのはどのような方だと思いますか?

中には、証憑がこれだけしかないからこれを入力したら終わり、という方もいらっしゃると思います。ですが、本当は何か足りないのではないかなど見えない部分を推測できる方は向いている気がします。そして、入力した数字がどういう風にお客様の情報に繋がるのか、どう生かすのか、というビジョンを持つことが大切ではないかと思います。

 

「仕事は生活の一部。無理に切り離さないスタイルを重視」

 

Q8、6月から完全在宅になり、生活はいかがですか?

関西に越してきて、毎月のように台風などの災害が起きています。
小学3年の娘がいるのですが、急に学校が休みになることなど多いので、そういう突発的な時も対応していけるというのはありがたいですね。
また、最初は仕事と生活の切り離しを上手くしなければいけないと思っていたのですが、社長から仕事も生活の一部だということを教えて頂けてからは、あまり無理に切り離そうとはしていません。もちろん切り離したいときには、外にお散歩に行くとか部屋を一旦変えるなどしていますよ。ですが、仕事が生活の中に組み込まれているという感覚は私にとってはすごく楽です。

 

Q9、お休みの日には何をして過ごしていますか。

おそらくまた関東の生活に戻るので、関西にいるうちに遊びに行きたいスポットのリストを家族全員で作ったんです(笑)ですので、今はそれを一つ一つ潰している感じです!
先日は、神戸の中華街に行きました。また、もともと主人と私はお寺が好きなのですが、娘も日本庭園にすごくはまってしまったので、これからはお寺の庭園めぐりが始まりそうですね(笑)

 

Q10、1日のスケジュールを教えてください。

5:30〜6:30  起床 朝食準備、家事

6:30〜7:00  主人を送り出す、メールの確認等、一日のスケジュールを組む時間

7:00〜8:00  子供起床 朝食、家事

8:00〜9:00  娘登校、家事、仕事準備

9:00〜10:00 業務開始(その日の予定により変動・昼休憩なし)

13:00〜14:00 業務終了(その日の業務量により変動)

休憩(午睡10分ほど含む)

14:30 娘帰宅

14:30〜18:00 習い事の付き添いなど
*必要に応じて、緊急業務の対応をする場合もあり

18:00〜22:00 夕食・お風呂・エレクトーンのお付き合い

22:00〜    就寝

 

Q11、今後の目標を教えてください

この先の経理は、経営企画も財務も出来る人じゃないとどんどん淘汰されていく分野だと思っています。AIであったり…会計システムがいろいろできているので、専門職の知識がなくても入力とか帳簿を作れる時代がいつか来るのかなって思っていて。
でも、誰かのお役に立ちたいというのが働く上で私の中にずっとある部分なので、明確な目標を見つけるまでは、会社の1つの部署に捉われない、何でも出来る社員を目指したいです。

社員インタビューvol.4 伊藤さん

これから入社を希望される方々に、ぜひ弊社のことをもっともっと知ってもらいたい!そういった気持ちから、社員にこれからいろいろなことを答えてもらうことにしました。4回目は2017年8月に入社し、デザインチームで活躍している伊藤さんです。

 

「修正管理しているHPの数は”100個以上”」

 

Q1、入社してちょうど1年。振り返っていかがでしたか?

丸1年経ったことに、今初めて気づいてびっくりしました。毎日忙しくて充実した日々なので、時間の感覚が全くなかったです…
本当にあっという間の1年でした!

 

Q2、BizMowでは専門のデザインチームに所属していらっしゃいますが、どんな仕事なのですか?

医療従事者や一般の方への治療法のセミナーなどを開催している会社をメインで担当しています。
100個以上のホームページをお持ちなので、そちらの管理修正を中心に新規作成なども請け負っています。商品の回転がとても速い会社さんになりますので、統一のホームページを修正し、新たなものにリフレッシュさせています。また、他の会社もいくつか担当しているので、それぞれお持ちのホームページの修正依頼など請け負っています。

 

Q3、大変な部分はどこですか?

日々の依頼数が本当に多い上に、そのうちの7〜8割が即日納期なのです。
あとデザインにこだわりをお持ちなので、そこにお答えするのが結構シビアな部分でしょうか。WEBデザイナーの知識の範囲ってそれほど広くはないんですが、今私の仕事では、デザイナーの範囲を超えていて、WEBという括りでいろいろご依頼、またお問い合わせをいただきます。全く知らないことも多いのですが、私の方で調べてなるべくお答えするように心がけています。ですので、BizMowに入社して知識とスキルの範囲が広くなったと思います。私が使ったことのない、外国の新しいツールのご相談などもあって、お答えするのが大変な時もありますよ。

 

Q4、伊藤さんが考える、在宅勤務のデメリットはどこでしょう?

社員同士のコミュニケーションが頻繁には取りにくいところでしょうか。
聞きたいことがあれば、ミーティングの開催など遠慮せずにお願いするようにしています。本音を言えば、メンバーの人となりをもっと知りたいので、チャットワークだけでなく、オンラインで、また直接会って仕事以外の話が出来る機会がもっとあるといいと思っています。そうすることで、もっとチームワークも良くなる気がしているんですよね。少し前に、会社の10周年パーティーがありました。チャットワークでいくら会話をしていてもイメージと違う方もたくさんいて驚きましたね。何十通のメールより5分会う方がお互いのことを知るという意味ではやはり早いな、と感じました。

 

「顧客からの信頼は社員の”誠実”さが生み出す」

 

Q5、BizMowに向いている方はどんな方だと思いますか?

BizMowの社員の全体的な印象が「誠実」です。会社のカラーにもなっていると思います。
社の内外問わず、一人ひとりのコミュニケーションが丁寧だと感じていて、私も見習うことが多いです。丁寧に1つ1つの仕事の納期を守って、なるべく早くというのをみんなが心がけているのが分かりますし、それが1番クライアントが求めていらっしゃることだと思っています。お互い顔が見えない分、仕事をきちんと積み重ねることでしか信頼関係は築けませんし、クライアントの期待に真面目に応えられる、誠実な方は向いているのではないでしょうか。

 

Q6、会社の制度で驚いたことはありますか。

社長やグループリーダーとの面談がしっかり定期的にあることです。
自分自身の仕事の振り返りであるとか会社が求めていることのすり合わせ、また困っていることを相談出来る機会があることはありがたいです。ですので、在宅であっても仕事のストレスがたまることはあまりなく、配慮してもらえているのを感じます。また、1日の中での勤務時間も一人ひとりの都合に合わせて融通が利きやすいですし、お休みに関しても事前に申告しておけば取りやすいです。働きやすい環境が整っていますよね。

 

「大切なのは”ワークライフバランス”」

 

Q7、伊藤さんが、在宅の仕事を選んだ理由は何でしょう?

自分のプライベートを大切にしたくて、仕事の場所を選ばない、在宅勤務を選びました。
そのためにスキルとして、デザインを学んだんです。当初、BizMowでは事務の仕事だと思っていたのですが、デザインの仕事もあるということで自分のスキルが活かせる分野を任せていただけて、毎日が楽しいです。

 

Q8、プライベートをすごく大切にしている理由は?

ずっと思い描いていたことなのですが、何か社会に貢献できることをしたいんです。
私の理想像としてあるのは、1人でも多くの人が毎日ポジティブに楽しく生活できる社会であってほしいということ。そのために、悩みを抱えている人が前向きに過ごしていけるようなお手伝いがしたいとカウンセリングの勉強にも努めています。以前会社に勤めていた時には、通勤や残業などで1時間程度勉強するのがやっとでしたが、今は平日でも3〜4時間は勉強する時間が確保できています。

 

Q9、仕事とプライベートを両立するって大切ですが、難しいことでもありますよね。

オンラインで出来る仕事はいっぱいあると思うんです。
BizMowのスタイルはまだまだ一般的ではないと思うんですが、これから確実に増えてくるスタイルですよね。仕事は何ら変わらない、オフィスと同じクオリティの仕事をするけど、場所が選べるというだけでこんなにライフスタイルの自由度が広がるのかと、私自身驚きました。大切なのは「ワークライフバランス」です。といっても、これを実現することって難しいとも思います。私もいくつか会社勤めの経験がありますが、BizMowが一番ワークライフバランスを実現してくれていると思うんですよ。

 

Q10、1日のスケジュールを教えてください。

7:30     起床
7:30〜9:00  家事、朝食、ストレッチ
9:00〜12:00  業務
12:00〜13:00 昼食
13:00〜18:00 業務
18:00〜19:30 デザインの仕事(個人)、BizMow残務対応
19:30〜21:00 夕食、のんびりタイム
21:00〜24:00 カウンセリングの勉強
24:00〜2:00  のんびりタイム
2:00     就寝

 

Q11、今後の目標は?

BizMowの働き方ってこの社会にとって新しい風だと思っています。
この働き方を世の中にもっと波及していけたら自分のやりたいことをもっと優先して出来るとか、もっと人生を充実させることが出来る人が増えていくと思うんですよ。そういう意味で、私はBizMowがもっと盛り上がっていくように貢献していけたら、と考えています。
目の前の仕事をこなすだけでなく、こういった大きな目標があった方が仕事の時間はより充実しますよね。そして、さらにプライベートも充実させて両立していくことが目標です!

社員インタビューvol.3 林さん

これから入社を希望される方々に、ぜひ弊社のことをもっともっと知ってもらいたい!そういった気持ちから、社員にこれからいろいろなことを答えてもらうことにしました。3回目は2016年11月に入社し、現在マネージャーとして活躍している林さんです。

 

「スタッフが高みを目指す環境を整える、それが私の”ミッション”」

 

Q1、現在の仕事内容を教えてください。

マネージャー職と総務職の2つの仕事をしています。
まずマネージャー職ですが、「”対”お客様」の仕事があります。現場監督的な役割です。お客様のお困り事やご要望などのヒアリングに、新しく受注した業務のフロー設計、またスタッフの仕事の品質管理をしています。そして「”対”スタッフ」の仕事ですね。
人事評価と共に、個別面談で不安事など話を聞き、業務量の確認等もしています。他には、社長秘書業務です。社長や営業部門に届く弊社への問い合わせの一時対応や採用内定者とのやり取りなどを行っています。

 

Q2、採用内定まで選考の数は多い方だと思いますが、林さんからみて双方のメリットを感じますか?

3回もの面接は、私が応募者なら…やはりしんどいなぁ、が正直な心境でしょうか。
でも面接って、双方のフィット感を確認する場ですよね。お互いに一緒に働いていきたいか、を見極められますしね。応募者の方々にとって、入社までに現場で働くスタッフの生の声や社長の理念を直接お聞きいただける絶好の機会ですし、諸条件やリクエストを伺うことで皆さんの考えるワークライフバランスに出来るだけ沿えるよう、こちらが模索することも可能なんです。当然、3回もの面接で、弊社としてもミスマッチがかなり減ったので、メリットは大きいと思いますね。

 

Q3、そんな選考を潜り抜けてきた、スキルの高いスタッフをどう見ていますか?

スキルの高いスタッフが揃ってくれるのは頼もしく感じています!
ただ、そこに私がこれから太刀打ちできるかと考えると、実はちょっと難しさも感じています。ですので、私はそういったスタッフをどう活かしていくのか、どう配置をしていくのか、そしてさらなる高みを目指してもらうための環境をどう整えていくのかというのが、私のミッションだと思っています。

 

Q4、林さん主催の勉強会は、その「ミッション」から始まっているのでしょうか。

それぞれのスキルを持つスタッフが知識をみんなでシェアして、一気にレベルアップしていくのって理想だと思うんですよね。
けれど、スタッフ同士がそれぞれのスキルについて情報を共有していないことに気が付いて。教えてもらえば、あっという間に片付く話なのに、いつまでも一人で抱えて時間を無駄にしている状況がもったいなくて、月に1回、知識を共有する時間を設けました。実際、それぞれのスタッフが新しい知識を得ることで業務の効率化に繋がり、また助言をもらうことで問題解決にも繋がっています。

 

「在宅の仕事で必要なのは”気付き”と”想像力”」

 

Q5、在宅に向いている人はどのような人だと思いますか?

見えない相手を想像して、思いを馳せることが出来る方っていうのはフィットするのかなと思います。例えば、お客様に文章でご報告をしたりご要望を伺ったりなど多いのですが、この言葉でお客様が直感的に理解して頂けるのか、この言葉でお客様が嫌な思いをされないだろうか、そこに気が付く人はいいのではないかと私は思います。スキルももちろん必要ですけど、そういう気付きや想像力の必要性はいつも感じています。

 

Q6、BizMowで働きだして「在宅」のイメージは変わりましたか?

もっと孤独なのかと思っていました。パソコンに向かって、一人で黙々作業をする…誰とも喋らず一日終わる、そんなイメージでした。
でもチャットワークを使って、社の内外問わず多くの人とやり取りをしないと業務が成り立たないし、マネージャー職に就いてからは、Zoomを使ってのお客様との打ち合わせの他、スタッフの面談など1日に2~3本入る日もあって、在宅は孤独どころか、「チーム戦」なのだな、と思っています。

 

Q7、BizMowの働き方で驚いたことはありますか?

大方の事務作業がリモートで片付くことに驚きました!
以前、病院で働いていた経験があるのですが、そこでの作業は、今考えると非効率な部分が多かったように思います。私の実家も小さな会社を経営しているのですが、そこも割と昔ながらのことをちまちまやっていて。私としては、うずうずしちゃう(笑)リモートでパッと出来ちゃうんだよっていうことを知ってからは、みんなに教えたくてたまらないですね(笑)

 

「ライフステージの”転換期”、見つけた”在宅勤務”」

 

Q8、数ある在宅の仕事の中からBizMowを選んだ理由は?

在宅ワークは探したらいろいろあったのですが、単価の安さも気になりましたし、お仕事自体もそこからどう広がるのかが分からない、先の見通しがあまりない、単発のお仕事が多かったんですよ。その点、BizMowは会社としての体制をきちんと示してくれて、それなりのお給料を提示し、こういうバックアップもしますよ、という誠実性が見えたのは、私の中で引き金になりました。

 

Q9、なぜ「在宅勤務」が良かったのですか?

まだ子供が小学6年生と中学3年生だということもありますが、夫と私の両親がどんどん年を重ね、さらにパートナーである夫も年を取っていく…そういうライフステージの転換期を迎えて、もうちょっと柔軟な働き方がないのか、そう考えたのがきっかけです。
以前は、どうしても仕事優先で生活を回さないといけない、そうでなければ仕事が回らない、という状況の中で、しわ寄せが来ていたのが子供たちでした。
私に来てほしいと思っていたであろう授業参観に行けないなど、我慢させることが度重なっていたんです。誰かが悲しい思いをしてまで仕事を続けるべきなのか、モヤモヤしていたので「在宅勤務」を考え始めました。

 

Q10、在宅勤務になって、プライベートの時間の使い方に変化はありますか?

「いってらっしゃい」と「おかえりなさい」を玄関先で落ち着いて言えるようになったのは、私にとってすごく幸せなことで。
体調など細かい子供の変化に気づいてあげられるようにもなりましたし、すごく嬉しいことだな、と思っています。以前は、子供が熱があって学校を休む時に一人で寝かせたまま出勤する、なんてこともありました。でも今は、常に横で見てあげられます。
看病をしながら、可能な時間を見つけていつもの業務にあたることもできるというのは幸せな環境ですね。今後パートナーや両親のお世話などが必要となった場合、この柔軟性により感謝できるのではないかと思います。

 

Q11、土日のお休みは、どんなことをして過ごしていますか?

デートなんてものではないですけど(笑)最近は夫と二人で「暇だからお茶飲みに行こうか」って出かけることが増えました。
子供たちと出かけたくても好き勝手に過ごしてるので、ついて来てはくれないんですよ(笑)

 

Q12、1日のスケジュールを教えてください。

5:30 (とっくに夫は起きている)
6:00  起床・お弁当と朝食づくり
6:30  子供を起こす
6:50  夫を送り出す
7:00  子供と朝食
7:40  子供を送り出す
7:50  家事(台所片づけ・洗濯物干し・家内掃除・ペットの世話など)
8:50  勤務開始
12:00 お昼休憩
13:00 午後の勤務開始
16:00 退勤(16:00~17:30 残務対応たまにあり)
16:20 子供帰宅・一緒におやつ
17:00 洗濯物を取り込む
17:30 買い物
18:00 夕食づくり開始
18:30 長女の塾の送迎
19:00 二女と夕食
20:00 犬のお散歩・リラックスタイム
21:30 長女の塾のお迎え・長女の夕食
22:00 夫の帰宅・夫の夕食
22:30 家事・片付け
23:30 お風呂&読書(⇒ビール)
24:30~就寝

 

Q12、最後に今後の目標は?

現状は、私の管轄チームのスタッフのマネジメントなどに全力を注いでいるような形なのですが、今後は会社全体の動きを正しく把握して、BizMowの健全で強固な運営に携われる、会社の追い風となるような存在を目指したいです!

社員インタビューvol.2 山東さん

これから入社を希望される方々に、ぜひ弊社のことをもっともっと知ってもらいたい!そういった気持ちから、社員にこれからいろいろなことを答えてもらうことにしました。2回目は昨年2月に入社した、山東さんです。

 

「週明けのメールは600件!」

 

Q1、現在のお仕事内容を教えてください

担当は1社で、入社以降ずっとお客様からのお問合せのメール対応をしています。
医療従事者や一般の方への治療法のセミナーなどを開催している会社の総合窓口になりますので、「セミナーの申し込みをしたが連絡が来ない」などのご不安の声から「キャンセルしたいから返金して欲しい」といったご要望の声など多岐にわたっています。

 

Q2、多い時は何件くらいメールが届くのですか?

週明けはすごいですよ!5~600件メールボックスに入っています。本当にびっくりして、腰が引けそうになる時もあるんです。
もちろん、決済のご連絡など対応しなくていいメールもありますので、そのあたりをアーカイブするなど精査して、実際に対応するのは100件くらいでしょうか。
どんどんメールボックスから対応すべきメールが減っていくと自分の頑張りが目に見えて分かりますからやりがいにつながりますね。

 

Q3、多岐にわたる内容、かつ膨大な量のメール対応で1番大切なところは?

基本的に2営業日までの返信というルールがありますし、お問合せしてくださっている方も早く返事が欲しいでしょうから、こちらとしてもできるだけ効率よく早く正確に返事をしなければいけないと思ってしまって焦ります。
でも間違えるとフォローに時間がかかってしまうんですよね。クレーム対応ということになりますと、不信感を募らせてしまうことにもなりかねませんので、まずは時間がかかっても正確性が1番ですね。ちなみに2番目がスピードです。

 

「仕事の効率は私が上げる!」

 

Q4、2番目に大切な「スピードを上げる」ための工夫はありますか?

私、正直な話「楽して仕事したい」んです(笑)だから、便利ツールを探すのが大好きで!
仕事の効率は私が上げていってやるぞー!という気持ちで臨んでいます(笑)
例えばメール対応は、すべて一から文章を作るわけではなく、似たような案件があるのでテンプレートを貼り付けて送ります。でもそのテンプレートの量がまた膨大で、管理が大変なんですよ。どの時にどのテンプレートを使うのか分からなくなりがちなので、それらを管理できる無料ツールを探してきて、
これやりましょうよ!って社長に提案してしまいました!業務がだいぶスピードアップしましたね。
また、セミナーの中止が立て続けにある時など、情報を仲間で共有しなければ間違いが起きてしまうので、付箋のような形で情報を一覧としてまとめられる、無料ツールも探し出しました。無駄は省いて、早い対応を目指したいですよね。

 

Q5、「メール対応」に必要なことは何ですか?

必ずお客様にはメールの返信内容で満足して頂かなければいけないということです。
ですが、お問合せのメールの中には主語がないなど完全な形で送られてこないケースというのも実際多いのです。その方たちにも、当然納得していただく返信をしなければならないわけですから、このお客様のおっしゃりたいこと、どういう答えを求めていらっしゃるのか、
そういう部分をしっかりと行間から読み取る力が必要だと思います。

 

Q6、山東さんご自身は、このお仕事に向いていると思いますか?

私、出産前に機械メーカーで一般事務やメールサポート、ヘルプデスクなどの業務をしていたんです。
現地に赴いてトラブルシューティングをするなどの経験もあって、その時に「お客様が何を求めているか」を読み取るのが最終目標です、と教えてもらったんですね。その経験は今に活かされています。
そして、私は数字に弱いんです(笑)経理業務には携わったことがないので、そのあたりは「適材適所」で業務を割り振っていただけているな、と思います。

 

「勤務場所は”自宅”ー子供との時間も大切に」

 

Q7、BizMowに入社後、「在宅勤務」について意識の変化はありましたか?

ここの入社前に在宅で仕事をしていた経験もあります。その時は「業務委託」という形でした。
「在宅の仕事=スポットの仕事」だと思っていたので、毎日コンスタントに仕事があることに驚きました。
ですので、最初面接のときに私確認してしまったんです。固定時間での契約ですが、仕事がない時はどうするのですか?って。そうしたら、待機時間として時給は発生しますよ、と教えていただいて、びっくりしました!
でも蓋を開けてみたら、すごく忙しくて待機時間なんてゼロでしたけど(笑)本当に、ただ仕事をする場所がオフィスではなくて、自宅というだけなのだと改めて思いました。

 

Q8、BizMowでのお仕事、楽しいですか?

同じ業務についているメンバーも当然遠隔なので、チャットワークで絵文字を使って雑談することがあります。
気持ちを分かち合いながら息抜きできるので、ストレスも発散できますね!そして忘年会があるんですよ!在宅勤務だとなかなかないですよね!普段は会えない方々と会うのはとても新鮮です。

 

Q9、山東さんが入社されて1年半の間で、社内制度は変化していますか?

「冷暖房手当」が支給され始めたのは驚きました。なるべく快適に仕事をさせていただけるような環境をどんどん整えてくださっているというのを感じます。
そして産後、育児を理由に辞めたスタッフは1人しかいないんですよ。それだけ、働きやすい環境ということなんでしょうね。

 

Q10、「在宅勤務」を選んだ理由は?

子供と一緒にいられる時間って限られていると思うんですよ。小学校から帰ってくる時に迎えてあげて、30分だけお仕事を「中抜け」させてもらうことで一緒におやつを食べて、学校であったことを話し、宿題を見てあげる時間を作れています。子供もこの時間をとても楽しんでくれているようなので、私にとっては大きな時間ですね。

 

Q11、1日のスケジュールを教えてください。

6:30 起床
6:30~8:00  お弁当作りや朝食準備、家族みんなで朝食
8:00~9:00  子供の登校後、掃除や洗濯など家事
9:00~12:00    業務
12:00~12:30   昼食
12:30~14:30   業務
14:30~15:00   子供帰宅(業務を一旦「中抜け」)
15:00~16:00   業務
16:00~18:00   業務終了後、子供を習い事へ送る
→送迎の間に晩ご飯の支度
18:00~18:30   習い事へお迎え
18:30~20:00  食事・お風呂
20:00~21:00  のんびりタイム
21:00~22:00 子供を寝かしつける
22:00       自分も就寝

 

Q12、入社を希望されている方へ一言お願いします。

嫌な雰囲気もなくて働きやすいんですよ。
きちんとした姿勢で仕事に臨むことは当然ですが、その分自由もいただけている会社です。ですので、ご近所の方々にも本当にお勧めしてるんですよ。個人的に、もっともっとこの会社の良さを皆さんに知ってもらいたいので、会社が宣伝したらいいのにな、と思っているのですが(笑)
特に育児中のお母さんで仕事をしたいと思われている方はたくさんいらっしゃると思うので、BizMowが多くの方の目に留まって欲しいと考えております。

社員インタビューvol.1 辰巳さん

これから入社を希望される方々に、ぜひ弊社のことをもっともっと知ってもらいたい!そういった気持ちから、社員にこれからいろいろなことを答えてもらうことにしました。1回目は今年4月に入社したばかりの辰巳さんです。

 
 

「企業家のみなさんの視点は新鮮で面白い!」

 

Q1、辰巳さんの経歴を教えてください

最初に入った会社はIT企業で、プログラミングの言語のインストラクターでした。結婚による退職後は、一般企業の事務員やHPの作成会社のお手伝いなどの仕事に携わりましたが2年前からは個人事業主として、ある企業さんと契約し、資料作成や統計分析などをしていました。ですので、今在宅勤務歴は3年目です。

 

Q2、現在の仕事はどういったことをしていますか

今は4社担当しています。
例えば、担当会社のお客様から問い合わせが来ますので、そちらにメールや電話で回答する「カスタマーサポート」に入出金の管理、また振込やクレジットカードの明細を確認し品目に分けるなどの「経理業務」です。また先日新規で入られたお客様の業務では、メルマガの設置を担当していて、毎日上がってくる原稿を元にメルマガを作成し、発行しています。

 

Q3、その中で最も大変だと思われることは何でしょう?

複数の会社を担当しているので、ご依頼が多方向から来た時に優先順位をつけてどれから対応すべきかを考え、こなしていくことでしょうか。

そして、できるだけお客様をお待たせしないように早い対応を心がけています。

4社もあるので、机の周りは本当にメモだらけで…何日までに何をしなければいけないとか。

必死に毎日仕事をこなしています。後は、どれだけ正確に出来るかですよね。

 

Q4、一方で、楽しく感じている部分はありますか?

4社分の会社の方と接するので、いろいろな人のいろいろな視点を知ることが出来るところです。

特に企業家の方と接する機会が多いので、いろいろなエネルギーに触れることが出来るというのはすごく毎日新鮮で面白いです。

 

Q5、辰巳さんから見た会社の雰囲気は?

うちの会社は、入社前に面接を3回もしていますよね。ですので、やはり厳選された人が入社しているというか。

自分で入ってて言うのも何なんですが(笑)でも本当に仕事もスムーズに対応されている先輩ばかりですよね。

時々、子育ての話など雑談で聞けたりもしますし、雰囲気はすごくいいと思います!

 
 

「レスポンスの早い仕事、それはチャットワークにあり」

 
 

Q6、会社に入って驚いたことはありますか?

私、チャットワークを入社まで知らなかったんです。

チャットワークでこんなにレスポンスの早い仕事が出来るなんて思っていなかったので、入社してまず驚きましたね。ほとんどがチャットワークの中で完結してしまうんです。

ミーティングはあまりなくて、音声でやり取りすることがほぼないです。またマネージャー陣含め、本当にみんな在宅だということも驚きました。

以前、個人で仕事をしていた時は、週に1、2回は打ち合わせがあって、家に持ち帰って仕事をして、納期までに出して…という感じだったので、マネージメントすら在宅でしかも地方に散らばっていることがすごいですよね。

いろいろな人がばらばらに散らばって存在しているのに、会社としてちゃんと成り立っているのが面白いと思います。

 

Q7、この仕事で必要なスキルは何だと思いますか?

間違いなくタイピングは早い方がいいですよね。チャットワークでの対応がメインなので打ち間違いが少なかったりとか…。タイピングのスキルさえ高ければなんとかなるのではないかと私は思います。

 

Q8、働きやすさの点についてはいかがでしょう?

入社してすごいと思ったのは「社内システム」です。
給与に関することも含め、しっかりと多くの情報が載っていて、作りこんであるんですよね。社員を入れ始めてそんなに期間はたっていないのですが、ちゃんと私たちが働きやすいようにいろいろと社長が整えてくださっているという部分がしっかりしている会社だと思います。

 
 

「子供が報告したいタイミングを逃さない!」

 
 

Q9、「在宅勤務」を選んだ理由はどこにありますか?

自分の子供の頃を思い出した時に、母が仕事で不在のことが多かったんですね。それがすごく寂しくて…子供にそんな気持ちを持ってほしくないと思いました。
とはいえ、娘(小3)は、帰宅後ランドセルを置いたらすぐに出かけてしまって全く相手にされてないんですが(笑)でも、まずは学校であったことをあれこれ話すんです。
多分、私が家にいるメリットってこれなんだろうなって思います。1番聞いてほしいタイミングで喋れるってことがコミュニケーションの不足にならないのかなって。

 

Q10、一方で「在宅勤務」のデメリットはどこだと思いますか?

やはり私生活の中に仕事があるので、そこがごちゃごちゃになってしまうことでしょうか。
チャットワークに自分宛てのメッセージが来ていると気になるんですよね。退勤の報告をしたけど見てしまう(笑)そこがデメリットだと思うので、自分の中でけじめをつけて出来るだけ見ないように意識するしかないのでしょうけれど。
後は、体力が落ちます!やはり通勤しない分、外出しないので夏は勘弁してほしいと思うくらい辛いですね。

 

Q11、お休みはきちんととれていますか?

土日は固定でしっかり休めていますし、最近は家族でプールによく行くので、しっかり水着焼けしてます!

 

Q12、大体の1日のスケジュールを教えてください。

7:00        起床
7:00~7:30     朝食・お弁当作り
7:30~8:00    娘と主人の送り出し
8:00~8:30    ひとりでゆっくり朝食
8:30~9:00     洗濯掃除など
9:00~10:00   個人で請け負っている仕事の対応
10:00~16:00  BizMowのお仕事
16:00~17:00  残務対応(なければウォーキングなど、自分の時間)
17:00~19:00  夕飯の支度をしながら子どもの宿題のチェック
19:00~20:00 夕食
20:00~22:00 お風呂・家族の時間(ゲーム、お散歩、習い事代わりの勉強など)
22:00~0:00    資格取得のための勉強
0:00                   就寝

 

Q13、最後に今後の目標は?

今がどれくらいそれぞれの会社のお役に立てているか分からないですけれど、いてくれて助かったと思われる、お客様が手放せないような存在になれたらいいかなと思っています。